運動をすることで糖尿病は防げる?

糖尿病の主な原因は、肥満と運動不足です。運動をすることによって肥満は解消され、更に筋力がつくことでインスリンの働きを活性化させることができます。普段から運動をする習慣をつけることで、高確率で糖尿病を防ぐことができるでしょう。万が一糖尿病を発症してしまったとしても、運動をすることで症状緩和が期待できます。

肥満外来で行われている治療方法

カルテ

食事療法

肥満は、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることに原因があります。まずは過食を防ぐために、適度な食事量を指導されます。そして、食物繊維やタンパク質を積極的に摂取するといった栄養バランスの整え方やカロリーコントロールの方法を学ぶことで、健康的に痩せる習慣を身につけます。

運動療法

肥満外来では、肥満解消のために無理なく続けられる有酸素運動を取り入れた運動療法も行っています。水泳やウォーキングを毎日30分程度続けることで、ゆっくりと脂肪を燃焼させ、筋力をつけることができます。急に激しい運動をすると体に負担がかかるため、少しずつ運動量を増やしていきます。

投薬療法

病院から処方される薬の中には、食欲を抑えたり脂肪の吸収を抑制する働きを持つものもあります。投薬療法は自身で希望することもできますが、判断は医師に委ねられます。大半は運動療法や食事療法で効果的に痩せることができるため、投薬療法は深刻な肥満症状の患者にのみ行われます。

行動療法

肥満になる原因には、生活習慣の乱れも挙げられます。行動療法では、一日に複数回食事を摂ったり深夜に間食する癖があるなど、問題点がないか見直して改善します。また、咀嚼回数を増やしたり食事に時間をかけるなど、食事の摂り方に関する指導も行われています。

外科療法

肥満症状が深刻な場合には、脂肪吸引や脂肪溶解注射といった治療も行われます。また、場合によっては胃を切除するといった方法も取られますが、患者の身体に大きな負担がかかるので、よほど深刻な症状でなければ採用されない療法です。脂肪吸引や脂肪溶解注射は、病院以外にも美容外科クリニックで施術を受けることができます。

食事と運動の療法からアプローチ〜種類が豊富な肥満治療〜

病院

大腸内視鏡検査の流れ

名古屋で大腸内視鏡検査を受ける場合は、前日から準備が必要です。夕方6時以降は食事をしてはいけないといったルールがあるので、病院の指示に従いましょう。当日は、着替えやすい服装で病院に向かいます。病院ではまず、検査の前に大腸の中をきれいにするために薬を用いて、意図的に下痢症状を引き起こします。何度かトイレに行って腸の中がきれいになった時点で、大腸内視鏡検査が行われます。検査では、肛門から内視鏡を挿入して、専用のモニターで大腸内の様子を確認します。内視鏡を挿入する際には力を込めると痛みを感じるので、極力リラックスするよう心掛けましょう。医師が大腸内を確認したら、数十分で検査は終了します。検査後には身支度を整えて医師から検査結果を聞くことになりますが、もしも体調に異変を感じたらすぐに医師や看護師に申し出てください。

広告募集中