HOME>レポート>腰痛に困り果てているなら名医に悩みを打ち明けよう

腰痛に困り果てているなら名医に悩みを打ち明けよう

先生と看護師と患者

痛みを気軽に考えないこと

多くの人が経験する痛みに、腰痛があります。重いものを持った後や窮屈な姿勢を続けた後などでは、腰に疲労感や痛みを感じる人も多いはずです。簡単に起きた痛みは、早い段階では筋肉痛で終わらせることも出来るようですが、悪化してしまうと骨に異常をもたらし、椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症と診断されてしまうことになります。しかし腰痛の原因の85%は、原因不明と言われるほど、どこが原因で痛みが出ているのか判断がつかないのも事実です。そのため整形外科では治らず、整骨院や整体、鍼灸などの治療によって痛みを無くす方法を取る人も多くなっています。一度、腰痛を起こしてしまうと、完治することは非常に難しいと言われます。そのため、再度痛みを発症させないためにも、日頃から腰だけでなく股関節や背中と言った個所のストレッチを行うことが、防止の良い方法になります。

診察

内臓が悪い場合も

腰痛の原因は、運動から起こるものだけではないと知っておくべきです。最近、芸能人が亡くなる原因として胸部大動脈瘤乖離があります。心臓から出る胸部の大動脈が膨れ上がり、亀裂が生じてしまい、手当てが遅くなると死に至る病気です。この同じ病気が、腹部大動脈瘤です。心臓から出た血管は、下に下がりお腹を通り更に足元へ向います。そのお腹に瘤が出来てしまい、亀裂が入るとこの病気になってしまい、とんでもない痛みを経験することになります。そんな時は、単なる腰痛ではなく、とても異常な状態に陥っていると覚悟する必要が出てきます。腰痛に慣れているからと言って気軽に考えては、いけません。腰痛は、万病の元の可能性もありますので、早めに病院へ行き、診察を受けることをお薦めします。

広告募集中